機関誌『蒼鴉城』

京都大学推理小説研究会が年に1回、発行している機関誌です。

毎年、11月の学園祭(通称NF)の期間中に販売しています。

会員が執筆した創作小説や評論などが掲載されています。

なお、読み方は「そうあのしろ」または「そうあじょう」です。

 

学園祭での販売に足を運ぶことができない人のため、通信販売を行っています。

購入を希望される方は、メールにて希望内容を連絡して下さい。

折り返し、購入の方法についてご連絡致します。

在庫は流動的な物ですので、 注文を受けた時点で品切れしている場合もあることをご了承下さい。

購入の予約メールは、以下の内容を soajo★live.jp (★を@に変更) にお送りください。

twitterでも予約を受け付けています。アカウントは@soajo_KUMCです。

 

件名……『蒼鴉城』通信販売 (取り置きの場合は『蒼鴉城』取り置き、とお書きください。)

本文

お名前

メールアドレス

所望する号と冊数


蒼鴉城44号:完売(近日増刷予定)

B5判, P.200, 800円, オフセット印刷, 2018年11月初版

 

創作 タペータム

守宮時計

  私と秋波の相関 水環知美
  お探しの夏はこれですか 紙月真魚
  マクラ島の冒険 柴田楼
  紫色の走馬灯 嘘月まこと
  ローズジェイル 黒森誘蛾
  火の粉  伊月柚美
全員執筆  
  キョム・ソーヤの冒けん  
  四月三十日  
 その他 ミステリ研の顔  
  オールタイムベスト  


蒼鴉城43号

B5判, P.180, 800円, オフセット印刷, 2017年11月初版

創作 憑家

登蟷螂

  残されたもの 伊月柚美
  スーパーカラフルイマジナリウム 守宮時計
  UMEKO 柴田楼
  鉄塔は変わらない 佐伯真鞘
  心変わり 韮柄巧爾
全員執筆 無人島 圏外 対処法  
  けもの死すべし  
  あれ、音が、遅れて、聞こえるよ  
その他 ミステリ研の顔  
  オールタイムベスト  


蒼鴉城42号:完売


蒼鴉城41号:完売


蒼鴉城40号:完売



『WHODUNIT BEST(フーダニット・ベスト)』

会内で発表された犯人当て小説の傑作を集成したものです。

「WHODUNIT(フーダニット)」とはすなわち「Who Done It?」であり、「誰がやったのか?」「犯人は誰か?」の意。

当会では設立以来40年以上、この「犯人は誰か?」を問う犯人当て小説を書き続けてきました。『蒼鴉城』に並ぶ、当会の伝統のひとつです。

 

現在、『WHODUNIT BEST』は5巻刊行されており、うち最新号であるvol.5(2000年~2013年頃の作品を集めたもの)は通信販売をおこなっています。


WHODUNIT BEST vol.1~4:品切、重版予定無し


WHODUNIT BEST vol.5

B5版, P.232, 1000円, 2014年11月初版, 2019年5月第2版


犯人当て

ある死人への挽歌

石井亮太郎

 

 名

高村樹世士

 

お化けぇぇぇぇぇ!

水木貴理

 

カレイドスコープ

寺崎知之
 

こいぶみ

高村優子
 

血で描く道

柴田一裕
 

毒チョコ戦争 名探偵三途川理vsメタ探偵九十九十九

森川智喜
 

紛い物

角谷仁郎
 

セント=メアリー号の受難

瀬戸勇紀
 

彼のミステリ研な日常

谷川和幸
 

犯人のための手紙

由比良
 

ちからわざ

笛田凌史
 

曽根明が五人

円居挽
その他

犯人当て史を振り返る二〇一四

高村優子
 

犯人当てに関する小エッセイ・コラム